ダンスワンプロジェクト!

テレビ番組

日本テレビの朝の情報番組の中で、「一つになろう!ダンスoneプロジェクト’21」という企画がありました。

全国の高校ダンス部がコロナ禍で発表の機会を失っている中、ダンス動画を番組に送るというもの。’20年に引き続き2回目です。今年の課題曲はYOASOBIの「群青」。

送られた動画は毎日約3校ずつYouTubeにアップされてました。

毎朝、起きてリビングでYouTubeのヨガをやった後のんびり見るのが、’21年夏から11月までモーニングルーティンでした。今でも時々お気に入りの高校のダンスを視聴しますよ。

これがいろんな見方が出来て実に面白い!普通にダンス大会だったら会場のステージ上で踊るだけなので振付、ダンスのキレ、衣装くらいがチェック項目なのかな。(ど素人)

動画になると、コンセプト、踊る場所、時間帯、カメラワーク、編集、といい作品に仕上げるための要素がいっぱいで見る方も、ふむふむ、ほうほう、と楽しい。

コンセプトは思いっきり学校説明パンフレットになってるもの、地元役所とタイアップしてるのか観光案内になってるもの、甲子園出場を祝う垂れ幕をバックに踊り、さりげなくアピールしているもの、大人の思惑も見え隠れしますが個性豊かでおもしろい。地方の行ったことのない県だと、こんな素敵なところがあるのか!この学校は施設が充実してるなあ、などと目が釘付け、ワクワクしますよ。

青空の下でさわやかに踊っている場面を見ると、晴天待ちでやっと撮影できたのかな。

カメラワークは私立高校だと業者に頼むのでしょうか?プロじゃん、てのがチラホラあります。

ドローンでの撮影もあるんですよ。きっと部員の保護者の中にその筋の人でもいるのかなあ、などと想像を巡らせるのも楽しい。砂浜で踊る生徒たちを海上からドローンで撮影とかかっこよくないですか?

演出を楽しむのももちろんですが、若い人が一生懸命に踊ってる姿はキラキラ✨していて涙ぐんでしまいます。(ばあちゃん)

若いっていいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました